×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイナースとアメックスのブラックカードの違い

アメックスセンチュリオンカードとダイナースプレミアムカードが俗に言うブラックカードなのですが、金持ちのステータスで言えば、アメックスのブラックカードで偉い人のステータスがダイナースプレミアムという感じだと思います。

なぜなら、他の記事でも紹介していますが、ダイナースプレミアムの審査基準はや師がついている人が通りやすく社会的立場をよく見て審査しています。それに対し、アメックスセンチュリオンは審査基準はダイナースプレミアム同様厳しいですが、とにかくお金さえあれば、審査には簡単に通ります。もちろん、何かの分野で成功を収めた人なんですがね(^_^;)

ダイナースプレミアムカードのメリット

通称ダイナースのブラックカードといわれるプレミアムですが、ダイナースプレミアムを持っているメリットとしては、信頼度が増えるためにダイナースプレミアムの利用限度額と海外での信用度もそれに伴って増えることがあげられるでしょう。

ダイナースシルバーの場合は一回で百万円以上の買い物をする場合は買い物をする際に承認時間がかかりだいだい三十分くらいはかかります。しかし、ダイナースプレミアムのブラックカードの場合は百万円から五百万円に承認限度額が増えるのです。もしかすると、ダイナースのプレミアムの年会費である十六万を平気で払うことができる人は我々一般人にとっては年間に百円程度を払っている感覚なのかもしれません(^_^;)

基本的にダイナースプレミアムは収入が安定していて利用額も多い人がダイナースからインビテーションをされて始めて承認されるカードなので、なろうと思ってなれるものじゃありませんし、ダイナースの公式HPにも記載されていないようにごく限られた人しかなれないものすごいブラックカードであるといえるでしょう。

ダイナースのプレミアムカードの審査基準

ダイナースプレミアムカードの審査はや師などが付いている職業の方が審査には通りやすいといわれています。

そして、ダイナースプレミアムは比較的安定していない自営業の職業の方に審査はかなり通りにくいとされているブラックカードです。そして、ダイナースが示しているブラックカードの基準としては、最低でも一年以上もダイナースクラブ会員暦が必要になり、年間の決算額が四百万以上で初めてダイナースプレミアムの審査の対象となれます。まあ、これは決してダイナースからのインビテーションでなく自己申告でも可能です。ダイナースプレミアムの審査を自己申告の場合は四百万移住という条件ではなく(エアラインサービスを利用してCクラスチケットを購入したいなど)明確な理由が必要になります。

とにかく、年間のダイナースのブラックカードの決済料が低くてもダイナースプレミアムが欲しいという意思表示を明確に示してください。ダイナースプレミアムは本当に国内外問わず使い勝手がいいブラックカードなので、重宝しますよ♪